フリーCFDソフト GPS




トップページ ダウンロード
(GUI版)
ダウンロード
(ソース公開版)
使用方法
(GUI版)
使用方法
(ソース公開版)
リンク
 

このHPの目的とGPSについて

このHPでは、自作のフリーCFD(MHD)ソフト GPS を公開しています。GPSはLinuxでのみ動作しますが、Intel Fortranコンパイラ、PGPLOTを使用することで完全にフリー可視化処理まで実行できるものとしました。またソルバー部分のソースを公開することで、コンパイルやリンクを苦にされない方は、各自の環境で実行ファイルを作成していただけるようにしました。GPSを公開する目的は、         

    手軽にCFDシミュレーションを行える環境の提供
    自力でCFDプログラムを作成したい方の手助け
です。私は経験上、プログラミングの勉強には既存のプログラムを自分で書き写して、コンパイル, リンク, 実行, デバッグを実際に行ってみるのが一番の早道である、と考えています(当然、参考書などで文法をチェックする必要はありますが)。そのためにソースを公開しました。参考になれば幸いです。またこのHPを通じて、
    CFDに関する情報交換
    ユーザーからのフィードバックによるGPSのブラッシュアップ
が出来ればよいと思っています。バグなどがありましたら、是非ともご連絡ください。

GPSには電磁流体力学(MHD)ソルバーと実存流体ソルバーが実装されています。MHDソルバーは
    風上差分法(Roe法)+MUSCL法
    CIP法+MOC-CT法
どちらかを選択いただけます。実存流体ソルバーは
    Thermo-CCUP法(TCUP法)
です。

Copyright © 2012 フリーCFDソフト GPS All rights reserved.
inserted by FC2 system